やってしまいました

先日、知人のおじいさんが亡くなりました。遠くの方だったので、気持ちだけでもと思い、弔電をうつこととなりました。
実家の住所と、喪主であるお父さんのお名前、亡くなったおじいさんのお名前を聞いて、葬儀の前に届くようにと
「ご尊父様のご逝去、慎んでお悔やみ申し上げます」
といった内容の弔電を送りました。
後日、その知人からお礼が届きました。
「弔電ありがとうございました。葬儀が終わって、おじいちゃんのノートや遺品を片付けている時に届きました。
『じいちゃん、じいちゃんに電報が届いてるよ。たまたまこんな日に届くなんて、不思議だね。開けるよ。』
と言って開けると
『ご尊父様のご逝去…』
悲しみにくれていた皆が、にこやかになりました。」
やってしまいました。まさか、故人と喪主を間違って送ってしまっていたとは。
皆さん、手紙の宛先はよく確認してから出しましょう。

2007年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 今日から6月

    2020.06.1

  2. 現在準備中

    2020.05.7

  3. マスクマスク

    2020.04.1

PAGE TOP