病気で仕事が出来ない時に

今回は少し真面目な話です
当クリニックには、仕事をしている方もたくさん受診されています。特にうつ状態での受診をされる方が多くみられます。
うつの治療の基本は、休息と服薬です。しばらく仕事を休んでもらうのが1番確実です。しかし、収入の不安から、なかなか休めない方も多いのが現状です。
いろいろな事業所では、収入をある程度保証する制度があります。
取りやすいものから挙げると以下のものがあります。
1)有給休暇(これは皆さんご存知のとおりです。事業所によっては更に病気休暇を認めているところもあります。)
2)傷病手当金(有給休暇や、病気休暇で休みが足りない時には、休職という制度もあります。その時には、健康保健組合などから、給料の6割から8割程度の傷病手当金が1年〜2年支給されます)
利用できるものは利用して、無理して頑張らずに、早めの休養が必要なことも多々あります。
多くの場合、診断書が必要ですので、診察の時にでもご相談ください。

2007年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 今日から6月

    2020.06.1

  2. 現在準備中

    2020.05.7

  3. マスクマスク

    2020.04.1

PAGE TOP