カレー丼

今日のお昼は…

よやすクリニックのななめ前に田舎屋というそば屋さんがあります。
ずっと以前から商売をされているところです。お店の雰囲気はとても懐かしい昭和40年代後半〜50年代前半の空気が漂っています。うどん、そば、丼が中心のお店です。
私は昼食にそのお店から出前してもらうことが多いのですが、中でも絶品はカレー丼。
温かいご飯の上に、カレーと生卵の黄身が乗っています。カレーはそば屋さん独特の、だしと片栗粉(多分)でのばしたものです。具にはネギと鳥肉。丼のフタを開けると、スパイシーでいてかつ懐かしいような香りが漂います。
食べる時には、そのまま食べても良し、上に乗っている卵をカレーとかき混ぜて食べるも良し。いずれにしてもカレーライスとは全く違った世界が広がります。ちなみに私は前半は混ぜずに食べて、後半にカレー、卵、ご飯をかき混ぜていただきます。途中箸休めはたくあん。どのように表現していいのか分かりませんが、カレー粉の匂いがそのまま鼻をツンと突き、かつ、卵の甘い香りも同時に鼻の奥をくすぐるような感じとでも言いましょうか。理屈をこねる前に野生に戻って食べてしまいます。
いつもこのブログに紹介しようと思うのですが、出前を持ってきてもらうと一気に食べてしまって(その間5分。事務の松永さんがお茶を入れてくれる前に食べ終わっていることもしばしばでした。今回は記憶にたよってご報告します。本当は写真も載せたいのですが…)、写真も感想も書く余裕がありませんでした。
近くにおいでの際にはぜひお試しください。決して後悔はしないことでしょう。
他に、カツ丼、木の葉丼もお勧めです。
「木の葉丼って何だ?」とお思いのなる方も多いでしょう。それについては後日説明しようかと思います。お楽しみに。

2007年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 今日から6月

    2020.06.1

  2. 現在準備中

    2020.05.7

  3. マスクマスク

    2020.04.1

PAGE TOP