一陽来復

一陽来復
この言葉ご存知ですか?いちようらいふくと読みます。
パソコンに内蔵の国語辞典では次のようにかかれています。

1《易(えき)で、陰暦10月に陰がきわまって11月の冬至に陽が初めて生じることから》陰暦11月。または、冬至。《季 冬》
2冬が去り春が来ること。新年が来ること。「—の春」
3悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。「—を願う」

今日は冬至。
辛かったり、大変だったりした方もあったでしょうが、今日からいい流れに変わるといいですね。

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 寒波襲来

    2023.01.24

PAGE TOP